それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

あ~、とうとう・・・。

降ってきちゃいました。
雪ん子さんが・・・・。



今朝はうっかり職場に遅刻。
雪が降ると
通勤時間15分up!
ッてコトを、すっかり忘れた。

私はマイカー通勤だが
できることなら車なんぞ運転したくない。
屋根付きで、座っていれば行きたいトコへ
すぐ行けてしまうこの乗り物は、確かに便利だ。
が、私にしてみると「車」というものは
人を殺しかねない、凶器の乗り物。

幸いにして、これまで事故には恵まれなかった。
が、未遂なら数え切れないほど。

冬の雪道。
つるつるに凍った道を運転する。
スケートリンクを走っているような日もある。
猛吹雪で、視界1mの時なんかは
いきなり対向車が目の前にいたりする。
そして、雪が降り積もっている道路を、平然と
自転車で走っている人の神経の怖さ。

あ~、恐ろしい。

しかし、ちょっと幻想的な体験もできる。
それは霧がスゴイ日、すべてが真っ白で
地と空の境目さえ分からず、
車で空中を飛んでいる感覚になる。
とっても不思議。
「ここはどこ?わたしは誰?」
みたいな。(←記憶喪失か?)
でも、気は抜けません。
一歩間違えると、
車ごと道路脇の田んぼの中ですから。

と、いうわけで
まだ、こんな体験した事ない方、
または、してみた~い!と言う方、
思い切って体験してみませんか?
雪の天使があなたを待っています。
きっと、ステキな思い出がつくれますよ♪

皆さん、ふるってご応募下さいね☆
では、お待ちしてまーす!!!
嘘でーす!(小声)
[PR]
by managonta | 2004-12-17 21:47 | つれづれ日記