それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

グッバイ、anego。

昨日最終回を迎え
とうとうanegoが終わってしまった。





これで涙の水曜日ともオワカレ・・・寂しいなぁ。

しかし、友人も言っていたが、
このドラマはぶっちゃけ前半の方が面白かったと思う。
後半はゴチャゴチャし過ぎ&展開早過ぎではなかったかと。
昨日の最終回なんかは私にしてみると
「ありえねー」と突っ込みどころ満載。
だって、結婚式で司会者がドタキャンで、
みんな久しぶりに会ったのに2次会もなく、
金太郎行けば黒澤君いるし。

ありえね~

なーんて、いっちょ前にナマイキな事書いちゃったけど
やっぱり篠原涼子演じる野田奈央子の言葉には
心動かされるものがあった。
特に結婚パーティでの奈央子のスピーチは
私のように感情移入しながらanegoを観ていた
日本全国の負け犬女の心をわしづかみにしたのではないのだろうか?

三十路を過ぎると
「寂しい」
だなんて人前ではなかなか言えないものである。
そのくせ、同情されると
辛かったりする。

結局、ありったけの
喜びも、悲しみも、怒りも、楽しさも
その感情というものは
本人でなければわからない。
他人のそれは想像はできるけど
実感できるのは本人のみなのだ。
(当たり前だが・・・)

でも、その傍で、
自分の喜びや悲しみを分かち合ってくれる人
いや、分かち合おうとしてくれる人がいるというのは
本当に幸せな事だと思う。
また、喜びや悲しみを分かち合いたい人の傍にいれるのも
これまた幸せな事だよね。
この場合は片思いでも幸せだったりする。
もちろんそれは恋人だけでなく家族でも、友人でもだけど。

今、自分の傍に大好きな人がいてくれる人
大好きな人の傍にいる人
うらやましいっす。

たとえ離れていても
気持ちが傍に感じられるなら
これも極上に幸せ。

あれ~
またちょっとセンチメンタルちっくなコト書いちゃった、私?


こんな私も、もう1ヶ月でまた年輪が1つ増える。
う~ん
負け犬生活も、気合入れてかないと!
[PR]
by managonta | 2005-06-23 18:02 | つれづれ日記