それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

宣伝

気づけば久しぶりの更新。
週末は思わぬところでドタバタしてしまい、
自分のことじゃないけど、精神的にかなり疲れてしまった。

もちろん、自分のことでもちょっと凹モードIN
だったのだが、そこグッタイミングで友人から
「映画観にいかない?」
と誘いのメールが届いた。

「よろこんで!」

迷うことなく即答。

7月9日封切になった映画といえば?
「スターウォーズ!」
と言いたい所だが、私たちが観たのは
「FLY DADDY FLY」である。
とは言っても、友人も私も堤真一、岡田准一のファンではない。
理由は監督である。
その、成島出監督にお世話になっているのである。
成島監督は、私が実行委員で参加している映画祭で上映した映画の
脚本を担当していたりして、過去に何度か映画祭のゲストとして来ていただいている。
というか、今年2月の映画祭には監督として
「油断大敵」を引っさげて来てくださったばかり。

その時、その映画を担当した実行委員が
今回映画に誘ってくれた友人。
年間100本以上は劇場で映画を観ている、
いわば
「達人」である。

友人は試写会で監督と話してきたそうだが、
この堤真一の役は本当なら役所広司だったらしい。
体力の問題で降板してしまったそうな・・・・。

観てみると、確かに体力が重要な映画だった。
堤真一も演技はそんなに悪くは無かったが
なるほど、役所広司の方が適役ではあるなと思ってしまった。


と、ここまで書いたのに
映画については何も書いていないような・・・・。


という事で
ちょとウチワ話になってしまったけど、
この映画、クスっと笑える映画です。
気になる人は観てください(笑)
いや、皆さん友人の方をお誘いのうえ、
「FLY DADDY FLY」
是非ご覧アレ!
[PR]
by managonta | 2005-07-12 13:05 | つれづれ日記