それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夏生の言葉


 いろんなことは、きりがないけど
このへんで自分はいいやというあきらめどころ、
納得どころ、受け入れどころに、迷わない人になりたい。
自分らしさ、自分の分というものを知る人になりたい。
そして、自分の分をしらずしらずに守って
生きていけるような人になりたい。
自分の分を知ることは、平安を得られることだと思う。


本をだした人が、自分の本を
「買ってね」と呼びかけているのをみると、
ドキッとする。
-中略-
 私にとって、「買ってね」は、
「抱いてね」というのと同じようなものだ。
私は好きな人にだけ抱かれたい。
だから「みなさん、私の本を買ってね」
と無邪気に(?)言う人を見ると
ドキッとしてしまう。



銀色夏生つれづれノート⑭~川のむこう~より
[PR]
by managonta | 2005-07-22 12:56 | 色々なコトバたち