それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タイムトリップ


昨日の夜、去年実家から引越して来た際に
段ボール箱に入れてそのまま放置していた物々を
整理していたところ、すごく懐かしいモノ達と再会した。

それは、東京と仙台で暮らしていた時に
私のもとへ届いた手紙たち。
古くは10年前以上、新しくても6年前に
もらった、100通近くの手紙やハガキたちだ。

仙台から実家へ引っ越す際に、それらを紙袋にまとめて入れて
しまったコトをすっかり忘れていた私。
そうだった・・・・この袋に入れてしまってたんだ・・・
と、思い出しつつ、気が付くと私はその手紙たちを
読み返すことに夢中になっていた。

まだ今でも仲良くさせていただいている、旧友達からの手紙や、
東京で仲良くなった友達からの、楽しくも異色放つ手紙、
海を渡って届いた手紙もあれば、元彼からのラブレターまで・・・。


多分私、そーとー
ニヤニヤしながら読んでいた
と思う。

だって






懐かしすぎるんですもの。







面白すぎるんですもの。








若すぎるんですものっ!!!






いやぁ~、手紙って、ほんっとにいいもんですね。

文字を見てるだけで、その人が浮き上がってくると言うか、
文字ってやっぱりその人の個性みたいなものを反映してるのかもなぁ
って思いました。
E-MAILでは伝わらない、温かいものがそこにはあると
改めて強く思いました。

秋田に戻ってからは
手紙らしい手紙は、あまり書いてないけれど
今でも手紙を書くのは好きな私。
頂くのは、もっと好きだけどね(小声)

昨日の夜は、思わず昔にタイムトリップできたような、、
そんな気持ちになりました。
そして、誰かに無性に手紙が書きたくなってしまった
そんな夜でもありました。






私から送られた手紙をお持ちの方々、
決して、読み返したりしないでね。
[PR]
by managonta | 2006-03-06 18:27 | つれづれ日記