それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オラ達に待ち受ける未来。


さきがけonthewebより~

本県の人口78万人に 2035年、減少率は全国トップ 
厚生労働省が29日公表した将来推計人口によると、本県人口は2005年の114万6000人から、35年には78万3000人に減少し、人口順位も全国37位から39位へと後退する。31・7%の減少率は全都道府県で最も高く、東京一極集中と地方の人口減少が進む中にあっても、本県人口の縮小ぶりは特に顕著となっている。

 本県の65歳以上の老年人口割合は、05年は26・9%で島根県に次いで2位だが、35年には41%にアップし1位に。さらに、75歳以上の後期老年人口割合も12・9%から26・8%へと上昇する。4人に1人は75歳以上となる見通しで、著しい高齢化の進展が予想されている。

 本県の05年の年代別人口比率は、年少人口が12・4%、生産年齢人口60・6%、老年人口26・9%。35年には、老年人口が41%に上昇する一方、年少人口は8・7%、生産年齢人口は50・3%に低下する。35年の生産年齢人口は全国最下位、年少人口も45位という低水準だ。




30年後と言えば、私も立派な老人。
が、この先上記の通り人口減少と高齢化が進むと
「定年80歳時代」というコトになり兼ねない悪寒。

こんな記事見ちゃうと
ますますココに住みたくなくなるなぁ。。。。


でも、こんな発表があったとしても
比較的「のんびり屋」が多いとされる県民性なのか、
全体的に危機感が漂っていない。



地球温暖化といい、
長生きするだけ大変なコトになりそうだ。
[PR]
by managonta | 2007-05-30 18:09 | つれづれ日記