それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

痛い夢と怖い偶然。

今朝の夢は映像的に痛かった。

アレヨ、コレヨと場面が変わり
気がついたら私は病院のベットに座っていた。
すると看護士さんがやって来て
「じゃ、点滴しますよぉ~。ハーイ、手の指広げてくださ~い」
と言う。
「えっ?指・・・広げる・・・???」
何がなんだか分からないけど
とりあえず、手をパーに広げてみた。

そしたら、その看護士は
なんと
カッパで言うと水かきの部分に
針を刺してきた。

ぎょえ~~!!!!

いってぇ~!!!(実際は痛くないんだけど)

ちょっと看護士さ・・・・・アレ?
看護士の顔、よ~く見ると、どっかで見たことのある顔。
あっ、妹だ!
え~~~?なんなの~~?
てか、
ちょっとアンタ、これどうにかしなさいよ!

そして、私の手の皮膚の下で血液が内出血し、
血がどんど広がって、手首の方まで赤くなり初め・・・・



私はようやく目が覚めた。



で、また不思議というか、何かの予知なのか
起きて洗面所へ向かったトコロ、
先に洗面台を使っていたおばあちゃんが振り向くなり
神妙な面持ちで、私に向かってこう言ったのである。

「今朝、ばっちゃん針の夢見たから、オメも気をつけれな」
と。

ヒィ~~~。

あっ、でもねばっちゃん、あたしゃ既にやられちまったよ。妹にね・・・。

そんな事を思いつつも
朝から鳥肌チックなmanagontaなのでした。
というか、鳥なんだけど(笑)


皆さんも、今日は針にお気を付け下さい。
[PR]
by managonta | 2005-06-07 12:56 | つれづれ日記

観ちゃいました。

昨日、友人から誘われて
他人事とは思えなかった
「電車男」
の劇場版を観てきました。

私の中で想像していた電車男と
彼を演じた山田孝之君とのイメージが
あまりにもかけ離れていたので
正直、あまり観たい気持ちではなかったのだが
誘われたのも運命かと、お供させていただく事にした。

満席を想定して、1時間前にチケットを購入し
(席数しかチケットを売ってくれないシステム)
とりあえず買い物へ。
しかし、私と同様、時間にルーズな友人。
映画へ戻った時には既に上映が始まっていた。
でも、トイレには行っちゃうよ、みたいな2人。
で、ようやく席に着き、鑑賞開始。

「そう、そう、そうだった!」
「あっ、このセリフは書き込みと同じだ~。」
など、ネットで拝見した「電車男」を思い出しながら、
そして、自分の奇跡の物語に思いを重ねながら
私はどんどん物語の中へ引き込まれていった。

でも、この映画はノンフィクションなわけで・・・・。
「電車男」も「エルメス」も実在するわけで・・・・。
しかも電車男はネットでエルメスの事を、
「中谷美紀似の彼女」と書いていたんだよね。
それから数ヶ月して、
実際に中谷美紀がエルメスを演じてしまったんだから、
本当にスゴイ話だ。

で、評論。

ズバリ


いいっす!!!


あまり期待してなかったからかも知れないが
すごく面白かったYO!
「仲間」を演じた俳優さんたちもナイス配役☆

この映画、かなりオススメです。

にしても、
電車男とエルメスは
この映画を、どんな気持ちで観たのだろうか・・・・。
[PR]
by managonta | 2005-06-06 18:51 | つれづれ日記

河崎愛美

どっかで聞いたような名前の、
この人をご存知だろうか?

第6回小学館文庫小説賞受賞をした
「あなたへ」を書いた15歳の少女である。

「誰かに気持ちを伝えたいと思ったとき、小説という形がぴたりでした」
とは、彼女が受賞時に述べた言葉。

新聞で彼女の記事を読んだ時から気になっていたのだが、
昨日、書店で「あなたへ」を発見!
早々、手に取りページをめくってみたのだが・・・


1分後、そこには
驚きとともに、必死で涙を堪えようとしている自分がいた。

心の奥へしまい込もうとして、
抑えていた気持ちが一気に溢れ出してしまった。

主人公が「あなた」へ向けて綴った
その初めの数行の文章は(ほんとに初めの数行だけど)
まさに、今私がK君へ抱いている想い、そのものではないか!

ヤバイ、泣きそう。

anegoを見て1人部屋で泣く事が常になっているとは言え
さすがに本屋で立ち読み中泣くほどの度胸はなく
とにかく必死で堪えた。


にしても、こんなコトってあるんだぁ・・・。


結局、あまりの衝撃に
「あなたへ」は買わなかったけれど
図書館で発見したら絶対読んでやる!
と心に誓ったmanagontaなのでありました。
[PR]
by managonta | 2005-06-04 18:14 | つれづれ日記

日々というもの


文句のつけようがなく、毎日がドアであり、それはありもしないもの
                                    ~友部正人~





☆金子様
  私も勝手に拝借させていただきました。
[PR]
by managonta | 2005-06-03 17:48 | 色々なコトバたち

拝啓 貴乃花親方様

お父様、残念でした。。。
お兄ちゃんとも色々あるようですね。

でも、
一言、言わせて下さい。

その髪型
いかがなものかと思います。
[PR]
by managonta | 2005-06-03 11:48 | つれづれ日記

5月の別れ

昨日、私のもとから
また1人のオトコが去って行った。

他にもオトコがいたのかよ?
[PR]
by managonta | 2005-06-01 19:39 | つれづれ日記