それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー

<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ラヂオな時間

私は普段、ラヂオを聞く事は滅多にない人間である。
あ、1人暮らしをしていた時はよく聞いていたけど、
実家生活を始めてからは全く聞かなくなった。
なぜだろう・・・ゆっくり聞けないからかな。
じゃぁ、車の中で聞けば?と思う人もいるだろうけど
うまく電波をキャッチしてるに突然zzzzzzzになると、気になって気になって
運転どころじゃなくなるので、交通安全のためにあえて聞きません(-_-;)
もちろん、自分が運転していないときはウエルカム☆なのだけど(笑)
こんな私ではありますが、
先週末、ラヂオ局の収録現場に連れて行ってもらえました!

b0047345_12481441.jpg
映画に詳しい友人が、ローカルのラヂオ局で
映画紹介の番組に時々出演しているのだが、
今回はムリを言って見学させてもらうことに。





b0047345_1304441.jpg


   
     放送室を思い出してしまいました。






b0047345_1510153.jpg
今回友人がラヂオで紹介したのは
田中麗奈主演の
「がんばっていきまっしょい」。
そう、今テレビドラマでも放送してる、
あの映画です。
私はまだ映画は観たことがなかったので
収録中に繰り広げられた映画についての
いろいろな話に、リスナーの1人として
聞き入ってしまいました。
b0047345_15204936.jpg
それにしても友人は、
リハーサルなしで、言葉巧みに
その映画のポイントポイントを
紹介していた。
本当にスゴイ人だ・・・。
と、改めて実感。



う~ん、言葉だけで伝えるって、本当に難しい・・・。


ラヂオ局も、一つの職場。
今回は、そういう意味でも全く別の世界を垣間見れたような気がして、
とっても興味深く過ごせた時間でした。
[PR]
by managonta | 2005-08-30 12:49 | つれづれ日記

夏の終わりの夜空の宴


b0047345_166916.gif
いよいよ明日は、地元で・・・いや今となっては全国的に有名になってしまった大曲(現大仙市)の花火大会です!!!
正しくは「大曲全国花火競技大会」という立派な花火の競技大会。
回を重ねるごとに人気は高まり、毎年観客数は増える一方である。

ちょうど開催される場所が私の職場から歩いて20分かからない河川敷。
毎日その河川敷を眺めながら通勤しているが、7月にはいると着々と
花火大会の準備が始まり、何もなかった河川敷にはやがて桟敷席用の骨組みが作られ、
その長さと言ったらずっと向こうの、また向こうまで続いている。
そして、それを見ながら
「あれからまた1年過ぎたんだなぁ・・・」
と1年の過ぎる速さと同時に、夏の終わりを実感するのである。

私も、小さい頃は家族とよく観に行っていたのだが
大人になった今は4年に1回行くか行かないかのオリンピックサークルで観に行っている。
にしても、この大会当日というのが、お決まりなくらい晴天に恵まれず、
過去もそのほとんどが、小雨だったりとか、雨上がりだとか、そんな状況での開催なのである。
が、去年は奇跡的な晴天に恵まれ、それはそれはキレイな花火を堪能することができた。
今年も台風通過で当日のお天気も午前中は傘マークだけど・・・夜はきっと晴れるでしょう☆

で、この花火大会のメインといっていいのが、大会提供の「ワイドスターマイン(連発)」
簡単に言うと、花火が音楽にあわせて踊ります!かなりの時間、踊り続けます!!!
観ていると、なんともいえない感動に包まれて泣きそうになるほどです。
それは、この日を迎えるまでの職人さんや大会関係者の方々の
「お客さんに、とにかくすばらしい花火を提供したい」
という想いが、本当に純粋に伝わってくるからだと思う。
そしてそれがたった1日の為であり、
一瞬の命のモノであるから、余計に心にグッとくるのである。
ちなみに、
毎年のテーマは「HAREM(ハレム)~砂漠の宮殿~」だそうです・・・・エキゾチック。


と言う事で、 
今年行く予定の方々、防寒対策を万全に楽しんできて下さ~い☆
まだ、未経験なアナタ、一度は見ないと人生損ですよ♪
ってか、タダで観れるってのがスゴイよね~。


にしても、夜空をキャンパスにしてしまった昔の花火師の人、
本当にアッパレである。
[PR]
by managonta | 2005-08-26 14:58 | つれづれ日記

不治の病

目を開けたら私は病院のベットに寝ていた。
左腕に点滴・・・・。
そして病室には私1人。


どうして病院にいるんだろう?
そんな事を思っていたら看護婦さんが病室へやってきた。


「すみません、看護婦さん私どうしたんですか?」


「あ、managontaさん、気が付かれました?」


「あの・・・私病気なんですか?」


「ええ、もう直らない病気です」


「えっ?不治の病って事ですか?


「そうですね・・・・」


「どこが悪いんですか?」







「長時間歩くと死んでしまいます・・・・・」







「ヘ?(・。・)チョウジカン、アルクトシヌ?」


「心臓に負担がかかって大変危険です」


「そうなんだ・・・じゃ、少しなら歩いて大丈夫なんですか?」


「ええ、少しなら大丈夫ですよ」




そして目が覚めた。また病院の夢か・・・。
また病院?
そういえば私って病院関係の夢が多いかも。
以前のアレコレも病院絡みの夢。
ちょっと気になったので夢診断で調べてみたらこんな事が書かれていた。


◆病院に入院する夢
 現実的にメディカルチェックが必要と考えます。(入院理由も重要なキーポイントになり、
 外傷つまり事故などの入院は、これから起きるケガ・病気を警告します。入院原因が
 ハッキ リしているほど注意です。)


どうやら夢は私に「病院へ行け!」と告げているみたいです。
確かに思い当たるフシが・・・。

ためしに他の夢診断で同じく調べてみたら

不治の病
こんなことは夢でよかったという安心感を得たいために見る夢。
普段から大きな病気に対する恐怖心などを持っている人に多い夢。
現実からの逃避。病気になれば何もしなくても良いと思うことから、
何かをしたくないという表れ。


現実からの逃避・・・・キテますね。ピッタリ賞はアナタに決定!


ちなみに、おととい蛇に太もも噛まれる夢を見たことを思い出したので
イヤな予感はしつつも、調べてみました。

◆運気が下がる蛇の夢
 あなた自身の体の一部を噛まれたり、蛇の陰(とぐろを巻く)の姿は、運気の低下と噛ま
 れた箇所の病気・ケガを表すこともあります。


という事で、どう転んでも、私は病気になるみたいです(-_-;)
一体、私の身に何が待ち受けてるんだろう・・・コワーイ(>_<)



私はこんな夢ばっかりだけど、皆さんは夢見てますか?
[PR]
by managonta | 2005-08-25 12:56 | 夢の話

週末歳時記

土曜日の午前中、
髪型をどうしようか悩んでいたのだが
コレだ!と言うのがないので
とりあえず、パーマをかけに行って来た。
髪の毛じゃなくて、まつ毛に。
まつげパーマ・・・・もう何回もしているが、いまだに出来上がり直後の自分の顔には
マジでビビります。
ノーメイクなのに、気分は八代亜紀です。


で、まつげパーマをかけてから、その足で友人P宅へ。
いつ行っても、本当に心底くつろげてしまう不思議なお部屋。

b0047345_19465729.jpg



   「いらっしゃい」







夕方までには帰るつもりが
「夕飯食べてく?」
の言葉に迷うことなく
「うん☆」
と答えてしまいました。

今までは私がもっぱら相談ばかっりだたので
今回は友人のヤレやコレやの話を聞けて、
なんだか、うれしかった。
そして、私も私なりのペースで前に進んでいこうと
改めて思えた時間でもありました。

夕飯は、その後仕事を終えてからやってきた、Pの友人と3人で、
テレビ番組に突っ込みをいれながらも楽しくいただきました。
というか、P姐さんの料理は手際もよくて、おいしくて、発想もすばらしくて
感激したmanagontaです。


b0047345_19474284.jpg

トマトスパゲティin迷える焼き鳥たち
(前日の飲みで残った焼き鳥をコラボさてしまった、P姐さん自慢の?一品)




また、よろしくおねがいします(笑)
[PR]
by managonta | 2005-08-22 19:50 | つれづれ日記

チェンジ!

今、髪型を変えたくて悩んでます。
先日、自分で前髪を切ったら


「もしかして前髪切った?オメは顔出さない方がイイよ」


と、早々妹に非難アドバイスされました。
髪型はオンナの命ですから慎重にいかないとね・・・。
というわけで、髪型を研究しようと調べたら
結構面白いサイトがあったのでいくつか紹介いたします。


日本男子の髪型の歴史(女子もアルヨ)
なんか、ツボでした。


髪型シュミレーション
ちょっと怖いものがあります。


許しがたい髪型ヘベスト50
こちらはU・S・Aのお国のページ。
髪型もさることながら、自動翔訳の文章も突っ込みどころ満載。


う~ん、結局どんな髪型にしようかキメらんないよ~(>_<)
[PR]
by managonta | 2005-08-18 13:03 | つれづれ日記

ドラマでナイト!

あー、結局ハマっちゃいました~
「スローダンス」に。

みのちゃん(広末涼子)の小悪魔ッぷりったらどうよ?
えいすけサン(藤木直人)あなたのその、女心を惑わす罪な優しさは何デスカ?

と、先々週までは胸元がムカムカしてしまうほどだったのだが
昨日のイサキ(深っちゃん)里一(ぶっきー)の最後のキスシーンで
またまた胸キュぅーン☆到来です!
実にanagoぶり。

いいね、いいよね、あのkissの感じ。
あの2人の配役はバッチリだね~。

あ~、ヤバイこれ以上書くと妄想大会になりそう。


余談だけど
あいのりの今回の告白はもっと凄かった!
1時間半の告白って・・・・。
今回の男の子は「YES」じゃなかったけど、
振ろうとしてた女の子に、あんな風に泣かれて食い下がられたら
思わず「一緒に帰ろう」とか言ってしまう人っているのだろうか?
残された女子2人のバトルも気になるところ・・・・。
[PR]
by managonta | 2005-08-16 19:13 | つれづれ日記

スナック「愛」


b0047345_12443419.jpg



「いやぁ~、
 やっぱりカニはうまいねぇ~」
 








b0047345_12415644.jpg

「でもさぁ、ママ、世の中愛だよな。愛。
 みんなさぁ、愛に飢えてんだよなぁ~」







b0047345_12422548.jpg



「そうねぇ・・・ママも愛がほしいわ~。」
  










- ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ 


西の国の方々第二班が、わが町に到着。
この日はmarippe宅のテーブルの片隅で
愛の伝道師M氏N氏より、私の恋のダメだしと
今後の人生への励ましの言葉を、愛情たっぷりにいただきました☆
そしてN氏、あなたも色々お疲れ様でした(笑)

来春結婚を控えているゴローちゃんカップルも
相変わらずホントにお似合いで、見ていて微笑ましかったなぁ~。

う~ん、私も早くパートナー見つけて
皆に紹介したいっす☆


っていうか、その前に磐○遊びに行くからねっ!


~お詫び~
文書内で訂正してますが、N氏様をM氏と書いてしまっていました。
N氏、ごめーん(> <)
[PR]
by managonta | 2005-08-15 12:42 | つれづれ日記

平和な休日

marrippe軍団と楽しんだ翌日、
お休みをゲットしていた私は午前中に皮膚科へ行って参りました。

managonta、負傷?
[PR]
by managonta | 2005-08-11 14:45 | つれづれ日記

帰省でしゃべらナイト!

先週末、お茶の国から帰省したmarippe夫妻とそのお仲間の第一弾御一行様が
わが町に・・・・

わが町に?
[PR]
by managonta | 2005-08-10 20:48 | つれづれ日記
先週の金曜日と土曜、私は仕事を定時で終わらせて病院へ向かった。

とは言っても、私がどこか悪かった訳じゃなく、看病の為。
愛する人の看病の為。

愛するシト・・・・・甥っ子のナオっちが
入院してしまったのだ。

症状としては、吐いて高熱に侵されてしまうという
お医者様いうところの、今の「はやり」にかかってしまたとのこと。
にしても、子供の入院となると誰かが24時間
付きっ切りにならなくてはいけない。大変だぁ。。。
妹の旦那様も仕事が忙しくアテにならず、かといってお姑さんにお願いするのもちょっと・・・・
って訳で、妹がお風呂に入りにウチへ戻っている間
私がナオっちのナイチンゲールになってあげることになった。

私の看病初日は、すでに入院4日目だったが
食欲もなくぐったりしているナオっち。
左手の甲には24時間点滴の針が刺されたままの生活。

Oh!なんて痛々しい・・・。


と、思いつつ
いつの間にか雑誌に夢中になってしまっていた私。
看護婦さんが巡回にきて、我に返った。(反省)
が、ナオっちはいつの間にか眠ってしまっていた。
ちょっと半目。
かわいい寝姿。

看護婦さんも去り、再び雑誌を読んでいると
今度は何やら視線を感じる。

ん?

向かい側のベットの男の子が
ベットのカーテンの横から顔を出して私を見ていたのだ。
そうしているうち、私と目が合うと隠れ、またチラっと見ては隠れる・・・
この繰り返しを始めた。
すごく楽しそうである。
私もちょっとイジワルして、しばらく彼を見ないようにしていると
「こっち見ろ~!」
と言わんばかりのオーバーアクションでアピールしてきた。
「わかりました、わかりました」
とばかりにチラリと男の子の方を見ると、ケラケラ笑いながらカーテンを閉めた。


フフフっ、かわいいヤツめ・・・!


今度は私が驚かしてやろうと、
そのままずっと男の子のカーテンを見つめ続けてみた。
しばらくして、男の子はカーテンから顔を覗かせたのだが
先に私が見ていたものだから、すんごくビックリした様子で
とっさにカーテンを閉めた。


勝った!



と、そこへ男の子のお母さんが用事を済ませて帰ってきた。


しばらくして妹も戻ってきた。
ナオっちはスヤスヤ眠ったまま。
私の任務も無事終了。

次の日は、元気回復したようで
ベットの上でウルトラマン大会であった。


若いってすばらしい♪


でも、看病って本当大変。
でも、病気と戦ってる時、誰かが傍にいてくれたら
やぱりうれしいだろうな。
なにより安心できる。

それに母の偉大さを改めて実感できたひと時だったと思う。

妹よ、おつかれさん!!!


小さいころは入院に憧れていた私だけど
今となってはまっぴらゴメンだわっ。

VIVA!健康!



※ナオっちは日曜日に無事退院いたしました☆
[PR]
by managonta | 2005-08-08 13:51 | つれづれ日記