それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏生のことばたち。


よく、あの人はよく気がつく人だといったりするけど
その反対の気がきかない人といわれる人の中には
気がついても行動に移さないだけという人が
けっこう多い気がする。
気がついた事を行動に移すか移さないかは
その人の性格によると思う。

              銀色夏生「つれづれノート⑤」より
[PR]
by managonta | 2006-03-29 20:36 | 色々なコトバたち

サクラの咲く頃


東京では桜が見ごろを迎えているというのに
コチラでは昨日、雪が降りつもりました。
同じ日本なのにね。


綺麗で 繊細で かわいい桜たち。
けれど、風に揺れるその姿からは
どこか切なさが漂う。


近年は「お花見」らしき
お花見はしていない。
職場での「お花見」も天候の悪さが手伝って
サクラの花びらひとつも見えない会館を借りて
名だけの「お花見」。(最悪)

ただ、通勤時、河川敷に並ぶサクラの木々を
毎日堪能していたので
あえて、お花見には行かなくても満足できたのだが
1人暮らしを始めた今は
あの河川敷の前も通る事もなくなったので
今年、あの河川敷に並ぶサクラの木々を
目にすることはない。

とは言っても 今の通勤路の途中にも
サクラの木がある公園があるので
今年はそちらで楽しませていただこうと思っている。


このブロクを読んでくれている皆様の中にも
今週末はお花見っていう方々がいらっしゃるかもしれませんが
どうか、お酒ばかりに酔うのではなく
ちゃんと サクラ にも酔いしれてくださいYO☆
[PR]
by managonta | 2006-03-27 17:03 | つれづれ日記

残業は誰の為に?


今回はぶっちゃけグチです。

グチなんてきいてられっかよっ!
って人はスルーしちゃってください。


いやいや、gontaのグチ、オイラが受け止めてやるぜ☆

って思った人、
今日はそんなあなたにお届けするブログです。



それは先週のできごと。
私はK係長に呼び出された。

仕事の進行状況など聞かれるのかと思っていたのだが、
まったく違っていた。
静まり返った応接室で、K係長は私に こう尋ねたのである。


「最近、gonta君は定時で帰ってるけど、残業できない理由とかあるの?」


イキナリの、予期せぬ質問。
確かに私は3月に入ってからというもの、
比較的早めの帰宅を繰り返してはいたが、
ちゃんとその日の自分の仕事は終えていたし
残業するまでもなかったのだ。

残業できない理由もなにも
残業しなくていいから帰っているのだ。
何故こんなこと聞くのだろう?
と思いつつ、私もK係長に聞き返した。

「・・・・残業しなさいってことですか?」

するとK係長は、こう返してきた。


「いや、残業しろとは言わないけど、パートさんも残業してるのに
 社員の君が早く帰ってるのは おかしいと思わないか?」















「はぁーっ????」

b0047345_19171469.jpg









心外でした。

現在、私とパートさんはそれぞれ違うチームで
全く別の物件の仕事をしている。
仮にパートさんと同じ物件の仕事を担当していたとして
社員のオイラだけ「お先にー☆」って帰ったら
おかしな話かもしれない。

でも「社員」だからという理由で
残業の必要がナイのに
パートさんの残業に合わせて
残業せねばならぬのか?
(決して、パートさんを非難してる訳ではありません)

「社員だから」、「パートだから」って何?

と、問いたくなる。
(ウチの会社は「社員だから」「パートだから」っていう
 暗黙の決まり事が多い)

時々、みんなが残業してるのに
早く帰るのが都合悪くて、
ずっと居残っている人がいるが(ネット見てたり、おしゃべりしてる)
私は、自分が残業してる時に何もしないで居残ってる人がいると
落ち着かないので、残業がない人には
遠慮などせず、速やかに帰っていただきたい。
と思っている人間である。

自分が残業している時に、
何か手伝いましょうか?って言われても
説明する時間や質問に答える時間を考えると
1人で作業した方が早かったりするので
残業して手伝ってもらうということも
滅多にしない。

そして、自分が残業しなくていい時は
残業してる人の邪魔にならないように
すばやく帰るのである。
もちろん「手伝って」と言われたら
ガンガン手伝うけどね。

という訳で、私の残業へ対する考え方は
こーゆー感じなので、
今回K係長に残業を強制させられたコトは
今もって納得いかない。

納得いかないんだけど、
でも結局、残業ヤルっきゃないって感じで
ブログ書きながら 残業してるオイラです。(おやつは小枝)


パートさんも、K係長も、今日はもう帰っちゃったけどね。
[PR]
by managonta | 2006-03-22 20:02 | つれづれ日記

卒業式スタイル


昨日、地元のニュース番組で
小学校の卒業式の様子が放送されていた。
例のごとく「お別れの言葉」のシーン。
卒業生と在校生による、
ちょっとワザとらしいセリフ清く美しいお別れの言葉の掛け合い。
卒業式の数週間前から
寒い体育館で、何回も練習したっけ・・・。
なつかしいなぁ・・・・。

で、そんな地元の卒業式のニュースを見て
ふと疑問に思ったコトがありました。
小学校の卒業式で、
卒業生は中学校の制服を着て出席するっていうのは
一般的なのかな?

全国共通?

一部地方だけ?

まさか、
秋田だけの習慣(伝統)・・・なんてことはないよね?
[PR]
by managonta | 2006-03-16 13:27 | つれづれ日記

『3月9日』

 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます
 せわしく過ぎる 日々の中に
 私とあなたで 夢を描く
 3月の風に 思いを乗せて
 桜のつぼみは 春へと続きます
 溢れ出す 光の粒が
 少しずつ 朝を暖めます
 大きなあくびをした後に 少し照れてるあたなの横で
 新たな世界の 入り口に立ち
 気付いた事は 一人じゃないってこと

 瞳を閉じればあなたが まぶたの裏にいる事で
 どれほど強くなれたでしょう
 あなたにとって私もそうでありたい


 砂ぼこり運ぶつむじ風 洗濯ものに絡まりますが
 昼前の空の 白い月は
 なんだかキレイで みとれました
 うまくはいかぬ こともあるけど
 天を仰けば それさえ小さくて
 青い空は 凛と澄んで
 羊雲は 静かに揺れる
 花咲くを 待つ喜びを
 分かち合えるのであれば それは幸せ
 この先も隣で そっと微笑んで

 瞳を閉じればあなたが まぶたの裏にいることで
 どれほど強くなれたでしょう
 あなたにとってわたしもそうでありたい

                ~ 「3月9日」 music by レミオロメン ~
[PR]
by managonta | 2006-03-09 16:17 | 詩・うた・歌

タイムトリップ


昨日の夜、去年実家から引越して来た際に
段ボール箱に入れてそのまま放置していた物々を
整理していたところ、すごく懐かしいモノ達と再会した。

それは、東京と仙台で暮らしていた時に
私のもとへ届いた手紙たち。
古くは10年前以上、新しくても6年前に
もらった、100通近くの手紙やハガキたちだ。

仙台から実家へ引っ越す際に、それらを紙袋にまとめて入れて
しまったコトをすっかり忘れていた私。
そうだった・・・・この袋に入れてしまってたんだ・・・
と、思い出しつつ、気が付くと私はその手紙たちを
読み返すことに夢中になっていた。

まだ今でも仲良くさせていただいている、旧友達からの手紙や、
東京で仲良くなった友達からの、楽しくも異色放つ手紙、
海を渡って届いた手紙もあれば、元彼からのラブレターまで・・・。


多分私、そーとー
ニヤニヤしながら読んでいた
と思う。

だって






懐かしすぎるんですもの。







面白すぎるんですもの。








若すぎるんですものっ!!!






いやぁ~、手紙って、ほんっとにいいもんですね。

文字を見てるだけで、その人が浮き上がってくると言うか、
文字ってやっぱりその人の個性みたいなものを反映してるのかもなぁ
って思いました。
E-MAILでは伝わらない、温かいものがそこにはあると
改めて強く思いました。

秋田に戻ってからは
手紙らしい手紙は、あまり書いてないけれど
今でも手紙を書くのは好きな私。
頂くのは、もっと好きだけどね(小声)

昨日の夜は、思わず昔にタイムトリップできたような、、
そんな気持ちになりました。
そして、誰かに無性に手紙が書きたくなってしまった
そんな夜でもありました。

業務連絡(注意事項)
[PR]
by managonta | 2006-03-06 18:27 | つれづれ日記

もしあなたなら・・・

残された命が
あと60日だと告げられたら
何をしますか?
何をしたいですか?

続きを読む
[PR]
by managonta | 2006-03-02 12:52 | つれづれ日記