それぞれの地で、それぞれの人生。


by managonta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

★ Lesson1

『もうすてっこ(してっこ) まってけれ。』
訳 → もう少し待ってください。



★ Lesson2

『もう びゃっこ けれ。』
訳 → もう少しください。


◆ 解説 ◆ 
Lesoon1の「すてっこ(してっこ)」は時間に対しての「少し」を意味します。
Lesoon2の「びゃっこ」は量に対しての「少し」を意味します。
この2つの文章の最後には「けれ」とありますが、これは「~ください」
や「~ほしい」といったような意味あいをもちます。



☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ 



今日、職場で耳にしたので記録してみました。

秋田弁をマスターしたい!
そんなあなたのお役に立てたら光栄です。
[PR]
by managonta | 2006-10-27 18:03 | つれづれ日記

木々の衣替え。


先週末。
紅葉を求め、ドライブがてら栗駒山・一関経由で
岩手県の平泉中尊寺へ行ってきました。


栗駒山から一関に向かう途中の山道で、
少々車酔い気味だったオイラですが
山のキャンパスに描かれた紅葉は
そんな気分も癒してくれるほどの美しさ!
(だったんだけど、写真取るのすっかり忘れちったYO!)

でも、夏も訪れた栗駒山荘のあたりは、
日中でも吐く息が白くなるほどの寒さで
もうすぐ冬がやってくるコトを実感してしまいました。。。


◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ 

んでもって
平泉中尊寺。

東北出身者ならば、必ずと言っていいほど
遠足又は修学旅行で訪れているであろうお約束の観光スポット。
もちろん、私も小学校、中学校のそれで過去2回は来ているのだけど
大人になってからも1度訪れてたような記憶があるよな、ないよな・・・
思い込みか???


にしても
平泉中尊寺。

駐車場の横道から本堂へと続く緩やかな坂道、通称「月見坂」は
学生の頃登ったハズなのに、まるで初めて歩いたような感覚。
いや、この坂道だけじゃなく中尊寺全体が「初めて」の感覚。
なんだ?この新鮮さは・・・・。

そういえば。
京都の金閣寺も奈良の東大寺も
学生の頃に修学旅行で訪れてはいたのだけれど
社会人になってから改めて訪れると
なんか、まるで別の場所だったな~。

たぶん、この違いって
「連れて来られた」と「来たくて訪れた」
の違いなんだろうな~。
修学旅行はどの場所行っても、地に足が着いていないというか、
「修学旅行」というイベントに浮かれっぱなしだったもんね。

そんな事を思いながら、
約1km続く月見坂をゆっくり歩いて本堂へ着いた私は
新たな気持ちで、お参りいたしました。
おみくじも引いて、見事「大吉」もget!

肌寒かったものの、お天気にも恵まれて
とっても、いい1日になりました。


11月は山形の紅葉攻めるぞー!!

おまけ(PUSH!)
[PR]
by managonta | 2006-10-23 15:57 | つれづれ日記

同級生。


週末、
職場の同期の人の結婚披露宴に出席していた彼から
こんなメールが届いた。

「今、オレの隣に座ってる同期の人が
 gontaの中学の同級生だってことが判明したんだけど
 ○○○○って知ってる?」



えぇーっ!!!!
もうビックリです。



○○くんとは、私が中学1年の時同じクラスだった人。
確か「カッパ」と呼ばれていた彼。
にしても
世間って狭いのね~~~。

後で「○○くんってカッパってあだ名だったんだよ」って教えてあげたら
妙に納得してた彼。
やっぱり今でもカッパ系らしい(笑


でも、なんかあたし、ハズカヒイわ☆



* * * * * * * * *


そして、同級生といえばもう一つ・・・。

先週、高校の時の同級生だったN君の訃報がはいってきた。
詳しくは分からないのだが「心臓発作」で突然亡くなってしまったとのこと。。。

今年の夏に開催された飲み会に(私は行けなかったのだが)
彼も参加していて、仕事が忙しいと言っていたものの
普通に元気だったという。

高校を卒業してから、最初にN君と再会したのは
5年前の共通の友人の結婚式だった。
今となっては、それが最後になってしまった。
その日の帰り道、途中まで方向が一緒で
お互いの近況を少し話ながら帰ったのだけど
「今大切な人がいて、来年結婚するかもしれない」
と、ちょっと嬉しそうに語っていた彼。

そして今
その彼を、突然失ってしまった奥様の心情を思うと、
言葉がみつからない。

N君だって、さぞかし無念だろう・・・。



人生、先のことなんて
ほんと分からない。

分からないから生きてゆけるんだとも思う。

彼の死を聞いて
改めて1日1日を大切に過ごそうと思った。







Nくんのご冥福を、心よりお祈りいたします。
[PR]
by managonta | 2006-10-16 18:52 | つれづれ日記
b0047345_21112417.jpg

スーパーで見掛けた牛乳スギッチ。

「君のハートよ位置につけ」
だって。

位置についたハートは
どこに向かって走ったらいいんだろう…。
[PR]
by managonta | 2006-10-02 21:11 | つれづれ日記